JDCB接続の詳細の完了 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. 次のように接続情報を入力します。
    • データベースサーバーへのアクセスに使用する[JDBC URL]を入力します。

    • [Driver Class] (Driverクラス)フィールドに、データベースと通信するドライバーのメインクラスを指定します。

    • [User Id] (ユーザーID)および[Password] (パスワード)フィールドにデータベースユーザー認証データを入力します。

    • 接続するデータベースのタイプに従い、データベースタイプとスキーマ上のデータのJavaタイプの一致を可能にするマッピングを[Mapping file] (マッピングファイル)リストで選択します。

    注: マッピングファイルは、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定) > [Talend] > [Specific Settings] (特別設定) > [Metadata of TalendType] (Talendタイプのメタデータ)で管理できるXMLファイルです。詳細は、マッピングファイルへのアクセスを参照してください。
  2. [Test connection] (接続のテスト)をクリックして、接続をチェックします。
  3. [Finish] (終了)をクリックし、接続セットアップウィザードを閉じます。
    新しく作成されたJDBC接続が[Repository] (リポジトリー)ツリービューに表れ、いくつかのフォルダーが表示されます。保存したSQLクエリが入っている[Queries] (クエリー)、このDB接続に関連付けられているすべてのスキーマをスキーマの取得時に集約した[Table schemas] (テーブルスキーマ)などが含まれます。