データモデルの作成 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、

このタスクについて

新しいデータモデルを作成するには、以下のようにします:

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで[Data Model] (データモデル)を右クリックして、コンテキストメニューから[New] (新規)を選択します。
    ダイアログボックスが表示されます。
  2. 新しいモデルの名前を入力します。名前に無効な文字が含まれていないことと、既に存在する名前でないことを確認します。
  3. 対応する同じ名前のデータコンテナが作成されるように、[Create the corresponding Data Container at the same time] (対応するデータコンテナを同時に作成する)チェックボックスを選択したのままにしておきます。
    必要に応じて、後でこのチェックボックスの選択を外して、対応するデータコンテナを作成することができます。詳細は、データコンテナを参照して下さい。
    警告: データコンテナとその対応するデータモデルは同じ名前でなければなりません。
  4. [OK]をクリックして変更の妥当性チェックを行い、ダイアログボックスを閉じます。
    新しく作成されたデータモデルとその対応するデータコンテナが、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューに表示されます。
  5. データモデルをダブルクリックしてStudioワークスペースにデフォルトエディターを開き、新しいデータモデルのパラメーターを設定します。
  6. 必要に応じて、[Description] (説明)のとなりの[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、新しいデータモデルに多言語の説明を追加します。
    データモデルに多言語の説明を設定したら、認証ユーザーはTalend MDM Web UIにアクセスし、データモデルまたは[Domain Configuration] (ドメイン設定)エリア内の対応するデータコンテナにマウスを重ね、選択したロケールに対応するローカライズ済みの説明をツールヒント内に表示することができます。

タスクの結果

ビジネスエンティティ、属性、注釈、その他の定義は、エディターの上部で行えます。下部には、エディターで選択したエレメントのプロパティが表示されます。

エディターでは、[Schema Source] (スキーマソース)タブをクリックして、XMLスキーマソースに切り替えることもできます。エディターの下部にある[Schema Source] (スキーマソース)タブをクリックすると、スキーマソース内にデータモデルを直接作成することができます。つまり、XMLスキーマドキュメントです。詳細は、データモデルのスキーマソースを使用するを参照して下さい。

さらに、エディターでは、[Design] (デザイン)タブをクリックすることで、データモデルのグラフィカルビューに切り替えることもできます。グラフィカルデザイナーを使用して、データモデルをゼロからデザインすることができます。詳細は、グラフィカルデータモデルデザイナーの使用を参照して下さい。