ルートのための行接続 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

[Row] (行)接続では、ルーティングするメッセージを処理します。[Row] (行)接続は、選択したコンポーネントによって、[try] (試行)[catch] (取得)[finally] (最終)、または[route] (ルート)を使用できます。