データモデルの有効性の確認 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

データモデルに変更を加えるたびに、Talend Studioはデータモデルが有効であることを確認するために一連のチェックを実行します。デフォルトでは、チェックはデータモデルを保存するときとデータモデルをデプロイするときに実行されますが、手動で開始することもできます。

データモデルの変更がデータベーススキーマに影響を与える場合は、データモデルの有効性を確認した後で、Talend Studioは影響分析の結果を提供することもできます。詳細は、データモデル変更の影響に対処するを参照して下さい。

データモデル内の検証対象のアイテムは次のとおりです。

  • エンティティ(再利用可能なタイプを除く):

    • ルックアップフィールド

    • 主キー

    • 主キー情報

    • 継承

  • フィールド(エンティティまたは再利用可能なタイプで必要になることがあります):

    • 外部キー

    • 外部キー情報

検証チェックは、エラー(データモデルが有効でないことを意味する問題)および警告(データモデルの有効性には影響がないものの、想定どおりの結果を示さない問題)の両方をレポートします。このレポートは、コンソールの[MDM Problem View] (MDM問題のビュー)に表示されます。