トリガーの作成 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

トリガーは、データを変換するためのルールです。特定のビジネスエンティティ/エレメントに対するトリガーの定義は、Talend Studioから簡単に行うことができます。

注: 以下のセクションでは、トリガーをゼロから作成する方法を説明します。ただし、Talend Studioでは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービュー内の[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードの下にリスト表示されているジョブに基づいて、トリガーを自動的に生成することもできます。生成されたトリガーに、必要に応じて変更を加えることもできます。詳細は、ジョブベースのトリガーを生成するを参照して下さい。

トリガーを定義するときに設定するパラメーターは、次のとおりです。

  • トリガーでプロセスをオンにするビジネスエンティティを選択する。

  • そのコンテンツに条件を設定する。

  • 実行モードを決定する。

  • トリガーするサービスを選択する。

  • サービスパラメーターを設定する。

前提条件: Talend StudioからMDMサーバーに接続されていること。トリガーを作成するための適切なユーザー権限が付与されていること。

このサンプルでは、ProductというデータモデルがTalend Studioで作成されています。このデータモデルには、次の2種類のビジネスエンティティが存在します: [Product] (製品)および[ProductFamily] (製品ファミリー)です。[Product] (製品)エンティティには、[Price] (価格)および[Family] (ファミリー)を含むいくつかの属性が作成されています。データモデルの作成方法は、データモデルの設定を参照して下さい。

プロセスが作成され、Call_Jobという名前が付けられています。特定のファミリーに属するアイテムの価格がTalend MDM Web UIを使用して変更されたときには必ず検証ジョブを起動するように、1つのサービスがこのプロセス内に定義されています。上記プロセスの作成方法は、ゼロからのプロセスの作成を参照して下さい。

ここで残っている作業は、トリガーを作成して、Call a Job from MDMプロセスを起動するように設定し、そのプロセスによってTalend価格検証ジョブが開始されるようにすることです。

次のサブセクションでは、そのトリガーの作成に必要な手順について詳しく説明します。