データモデルの設定 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

任意のドメインに対して1つまたは複数のデータモデルを作成し、MDMハブに保存することができます。

データモデルを作成するには、いくつかのステップが必要です。

  1. モデル内にビジネスエンティティを作成します。

  2. 作成した各ビジネスエンティティ内に属性を追加します。

  3. アクセス制御、表示問題、ロール認証、外部キー、その他に関して、エンティティまたは属性に注釈を設定します。

また、どのデータモデルについても再利用可能なタイプを定義することができます。再利用可能なタイプは、データモデルの1つ以上のエンティティ内で使用できる属性のセットです。再利用可能なタイプの使用は、データモデルのファクタリングを行い、変更の影響を管理する1つの方法です。再利用可能なタイプを変更すれば必ず、そのタイプを使用する全てのエンティティに影響が生じるからです。

データモデルが作成されると、このデータモデルに保存されている1つまたは複数のビジネスエンティティに対し、容易にビューを作成することができます。たとえば、このデータモデルに保存されているエンティティのどれかを右クリックして、選択したエンティティのデフォルトビューを自動的に生成することができます。詳細は、ビューを参照して下さい。

ビューにより、Talend MDM Web UIにアクセスするビジネスユーザーは、定義済みの条件に従ってこのエンティティ内の特定のレコードを視覚化することができます。

さらに、Talend MDM Web UIの承認済みユーザーは、これらのデータモデルに基づいてハブデータを検証することができます。詳細は、『Talend MDM Web UIユーザーガイド』を参照して下さい。