注釈をエレメントに追加する - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

ビジネスエンティティ内のエレメントの場合は、エレメントに注釈を追加して、言語固有のラベル、多言語の説明、多言語ファセットエラーメッセージ、および表示/挿入するときの基準とする形式を、Talend MDM Web UIのマスターデータレコード内に、特定の言語、日付、または番号で定義することができます。

さらに、注釈をエレメントに追加して、属性へのWebインタフェースアクセスに関するロールの認証を定義することができます。詳細は、エレメントレベルでアクセス制御を定義する(アクセス制御の注釈)を参照して下さい。

以下のサンプルでは、エンティティAgent内にエレメントStartDateの表示形式を設定する方法を説明しています。

手順

  1. [Data Model Entities] (データモデルエンティティ)エリアで、エンティティAgent内のエレメントStartDateをクリックします。
  2. [Properties] (プロパティ)ビューで、[Presentation] (プレゼンテーション)タブをクリックします。
  3. [Display Format] (表示形式)タブを選択します。
  4. 日付形式を定義する言語を言語リストから選択し、java.util.Formatterクラスに従って日付形式の構文を入力します。
    java.util.Formatterクラスをベースに構文を使用して、日付と番号の表示を特定の言語で定義する必要があります。このクラスの詳細は、http://download.oracle.com/javase/6/docs/api/java/util/Formatter.htmlを参照して下さい。
    このサンプルでは、英語には%tcを、フランス語には%1$td/%1$tm/%1$tyを設定します。
  5. [+]ボタンをクリックして表示形式を追加します。
  6. [Ctrl]+[S]を押し、変更内容を保存します。