ストアドプロシージャの作成 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

始める前に

  • MDMサーバーがすでに起動されていることを確認します。

  • Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、

  • ストアドプロシージャを作成できる適切なユーザー認証を持っていること。

このタスクについて

ストアドプロシージャを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリ)ツリービューで[Stored Procedure] (ストアドプロシージャ)を右クリックして、コンテキストメニューから[New] (新規)を選択します。
    [New Stored Procedure] (新規ストアドプロシージャ)ダイアログボックスが表示されます。
  2. 新しいストアドプロシージャの名前を入力し、[OK]をクリックします。
    新しく作成されたストアドプロシージャがワークスペースに開きます。
  3. 新しいストアドプロシージャの説明を[Description] (説明)フィールドに入力します。
  4. 特定のエンティティに含まれているデータレコードを処理するには、[Procedure] (プロシージャ)エリアに構文を入力します。
    警告: ストアドプロシージャは、MDM Hubに保存されているデータの基盤となるストレージがネイティブに理解できる構文を持っている必要があります。MDMデータの保存にRDBMSを使用している場合、クエリはSQLを使用し、ストアドプロシージャの各結果は次の構文を持っている必要があります: <result><col0>val1</col1>...<colN>valn</colN></result> (colNはSELECT句内のnthカラム)。
  5. ストアドプロシージャの実行後にキャッシュを更新するには、[Refresh the cache after execution] (実行後にキャッシュを更新)チェックボックスをオンにします。
    これが必要なのは、ストアドプロシージャはデータベースレベルで直接実行される挿入/更新/置換アクションを行う場合があるためです。キャッシュが原因で、変更を反映できない場合があります。
  6. [Ctrl] + [S]キーを押してプロシージャを保存します。
  7. 必要に応じてストアドプロシージャをテストします。それには、ストアドプロシージャエディターの[Execute Procedure] (プロシージャの実行)セクションで、クエリ実行のベースとするデータレコードが保存されているデータコンテナを選択し、[Execute Procedure] (プロシージャの実行)をクリックしてプロシージャを実行しす。
    このサンプルでは、Priceが10よりも大きいレコードにPriceDescriptionを返します。
    警告: ストアドプロシージャの実行結果として返されるデータレコードにnull値が存在する場合は、返されたデータレコードのカラム番号とこのカラムの値の間に不整合が生じます。