プロセス - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

プロセスにより、データ検証または人手による検証のプロセス、変換プロセス、充実化プロセス、データ統合プロセス、その他を達成する複数のステップが定義されます。プロセスの各ステップでは、プラグインを使用することができます。プラグインとは、1つのタスクを実行するために、プロセスに特定の機能を追加するメカニズムのことです。J2EE開発者は、使用可能なプラグインのリストを拡張することができます。各プロセスで定義されるステップと使用するプラグインは、目的とするタスクに応じて異なります。

どのTalend MDMプラットフォームでも使用できるプラグインの1つが、callJobプラグインです。これはTalendジョブを呼び出します。プロセスタイプおよび関連するプラグインの詳細は、プロセスタイプおよび重要なプラグインを参照して下さい。

プロセスを定義するときに設定するパラメーターは、以下のとおりです。

  • プロセス名

  • プロセスの詳細

  • ステップのシーケンス: 順次実行するプロセスに含まれている全てのプラグインのリスト

  • ステップ仕様: プロセスプラグインは入力パラメーター内のデータを消費し、出力パラメーター内に結果を生成します。ステップの結果を保存するために変数を定義する必要があります。次に、変数を次のステップの入力に送信し、これを繰り返します。最終的に、各ステップの結果が変数を通じて次のステップに連結されるように"パイプライン"を定義します。

    1つのプラグインに複数の入力変数とパラメーター、および複数の出力変数とパラメーターを指定することができます。

プロセスをデザインするときに、ステップのシーケンス内で特定のプロセスプラグインを組み合わせます。これが順次実行されて、特定のタスクが実行されます。

各ステップで以下を実行します。

  1. 適切なプラグインを選択します。

  2. 入力変数と入力パラメーターを入力するか、または選択します。

  3. 出力パラメーターを選択し、出力変数を選択するか、または入力します。

注: 選択したステップの[Step Specification] (ステップ仕様)エリアで[Disabled] (無効)チェックボックスを選択している場合は、1つ以上のステップをいつでも無効にできます。

プロセスの作成に関するステップバイステップの手順は、ゼロからのプロセスの作成を参照して下さい。