データコンテナの作成 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioでは、MDM Hub内に1つまたは複数のデータコンテナを作成し、そこでデータレコードを直接管理するか、コンポーネントtMDMInputおよびtMDMOutputを使用してデータをロードすることができます。

データコンテナ内のデータレコードを管理する方法は、データコンテナ内のレコードを管理するを参照して下さい。

後で、承認済みのビジネスユーザーは、Talend MDM Web UIを使用して、作成したコンテナでデータの書き込み/編集を行うことができます。詳細は、『 Talend MDM Web UIユーザーガイド』を参照して下さい。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、

このタスクについて

データコンテナを作成するには、以下のようにします:

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで[Data Container] (データコンテナ)を右クリックして、コンテキストメニューから[New] (新規)を選択します。
    [New Data Container] (新規データコンテナ)ダイアログボックスが表示されます。
  2. 新規データコンテナの名前を入力します。名前に無効な文字が含まれていないことと、既に存在する名前でないことを確認します。
  3. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

新しく作成されたデータコンテナは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Data Container] (データコンテナ)ノードの下にリスト表示されます。

対応するデータモデルに対して、新しく作成したデータコンテナの依存性を確保するには、最初に、対応するデータモデルを同じ名前で作成する必要があります。作成しないとエラーが発生します。オブジェクトの依存性の詳細は、MDMリポジトリーのアイテムの依存性の管理を参照して下さい。

注: データコンテナにデータを入力するには、Studioで Integration パースペクティブを使用し、Talend MDMコンポーネントを使用してジョブをデザインします。MDMデモのサンプルは、http://talendforge.org/wiki/doku.php?id=mdmce: demo および http://talendforge.org/wiki/doku.php?id=mdm:demo を参照して下さい。