外部キーフィルターの追加: エンティティ同士のリンク - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioでは、外部キーを使用してさまざまなエンティティの間に関係を設定することができます。

始める前に

データモデル、ビジネスエンティティおよびデータモデルの属性が作成済みであること。詳細は、データモデルの作成データモデルでのビジネスエンティティの作成、およびビジネスエンティティへの属性の追加を参照して下さい。

このタスクについて

データモデルにAgency、AgentおよびRegionというエンティティが含まれているサンプルを考えてみます。AgencyおよびRegionという2つのエンティティを相互にリンクして、AgencyRegionに属していることを表そうとしています。その結果、AgencyRegionをポイントする新しい属性を持つことになります。

外部キーを設定するには、以下のようにします:

手順

  1. ビジネスエンティティへの属性の追加の説明に従い、新しいRegion属性をAgencyエンティティに追加します。
  2. Regionを右クリックし、リストから[Set the Foreign Key] (外部キーの設定)を選択します。
    [Set Foreign Key] (外部キーの設定)ダイアログボックスが表示されます。
  3. [...]ボタンをクリックして、[Select Xpath] (Xpathの選択)ダイアログボックスを開きます。
  4. Region主キーIdに移動し、ダイアログボックスの下部で[Add] (追加)をクリックして、次のステップへ進みます。
    外部キーへのXpathが、[Set the Foreign Key] (外部キーの設定)ダイアログボックスに表示されます。
  5. 外部キーをメインタブ内にレンダーする場合は、[Render Foreign Key in the main tab?] (メインタブ内に外部キーをレンダーしますか?)チェックボックスを選択します。デフォルトでは、Talend MDM Web UIは外部キーを別のタブ内にレンダーします。
  6. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    外部キーは、データモデルエディター内のRegion属性の[Annotations] (注釈)ノードの下で、Region/Idに設定されています。
    外部キーによってリンクされたエンティティは、緑色の矢印が付いた鍵形のアイコンで識別できます。関連するエンティティに直接ジャンプするには、データモデルエディター内のエンティティを右クリックし、[Jump to Foreign Key Entity] (外部キーエンティティにジャンプ)をクリックします。