Talend StudioからのRemote Engineでのアーティファクトの実行 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
Talend Studioでは、作業中のプロジェクトがローカルでも、Talend Cloud Management Consoleに接続されたリモートでも、デザインをRemote Engine/JobServerにデプロイして実行することができます。

始める前に

  • リモート実行フィーチャーはTalend Cloud Management ConsoleのRemote Engineで有効になっているはずです。詳細は、『Talend Cloud Management Consoleユーザーガイド』を参照して下さい。
  • 選択したRemote Engineが実行中です。
  • ルートまたはデータサービスをデプロイする場合は、Talend RuntimeがRemote Engineと同じマシンで実行されていることを確認します。
  • Talend Cloud Management Console内でリモートプロジェクトに割り当てられています。

手順

  1. Talend Studioを起動します。
  2. プロジェクト管理者からTalend Cloud Management Consoleで割り当てられたリモートプロジェクトに接続します。
    リモートプロジェクトに接続する方法については、『Talend Cloud Management Consoleユーザーガイド』を参照して下さい。

    お使いのアカウントで使用可能なRemote Engineが、Studio内のリモートサーバーリストに自動的に追加されます([Window] > [Preferences] (環境設定) > Talend > [Run/Debug] (実行/デバッグ) > [Remote] (リモート))。

    例え

  3. アーティファクトを開きます。
  4. デザインワークスペースの下にある[Run] (実行)ビューを開きます。
  5. [Target Exec] (ターゲットの実行)タブをクリックします。
  6. 該当するRemote Engineをドロップダウンリストから選択します。

    例え

  7. いつもと同じようにに[Basic Run] (基本実行)タブの[Run] (実行)をクリックしてサーバーに接続し、現在のジョブをデプロイして実行します。
    注:

    接続エラーが発生した場合は、エージェントが実行中であること、ポートが利用可能であること、サーバーIPアドレスが正しいことを確認して下さい。

  8. オプション: アーティファクトの実行中にJVMリソースの使用状況をモニターするには、[Memory Run] (メモリーの実行)タブで[Run] (実行)をクリックして、指定されたRemote Engine/JobServerで実行できます。
  9. オプション: ジョブをデバッグする場合は、[Run view] (実行ビュー)[Debug Run] (デバッグ実行)タブを開き、ドロップダウンリストから[Traces Debug] (トレースデバッグ)または[Java Debug] (Javaデバッグ)を選択し、ボタンをクリックします。
トラブルシューティング: Remote Engineで実行が失敗したものの、単純なStudioの実行処理中ではない場合は、[Standalone Job] (スタンドアロンジョブ)としてビルドします。手順は、『Remote Engine実行のトラブルシューティング』を参照して下さい。