ワークフロー - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioには、ワークフローを定義し、レイアウトし、グラフィック形式で共有することができるBPMパースペクティブが提供されています。このパースペクティブで、ワークフローの完了に必要なステップ、順序を定義することができます。詳細は、ゼロからのワークフローのデザインを参照して下さい。

Talend Studioには、ワークフローを簡単に作成できるワークフローウィザードが提供されています。詳細は、ワークフローウィザードを使用したワークフローの設計を参照して下さい。

Studioでワークフローを使用する前に、[Additional Talend Packages] (Talendパッケージの追加)ダイアログボックスで [Talend MDM - Bonita BPM Integration (Required)] (Talend MDM - Bonita BPM Integration (必須))オプションを選択して、BPMパッケージがインストール済みであることを確認して下さい。詳細は、『Talendインストレーションおよびアップグレードガイド』で、追加パッケージのインストールに関するセクションを参照して下さい。

ワークフロー内の人間が行わないタスクがバックグラウンドで実行されるときには、関連付けられたユーザーがいないため、次の2つのケースに注意して下さい。

  • Talendコネクター経由でレコードの更新を実行している場合は、利用できるカレントユーザーがなくても、setUpdateUsernameメソッドを使用して正しいジャーナルイベントを生成することができます。デフォルトでは、ユーザー名を指定しないと、ジャーナルイベントのユーザー名は"??????"となります。Talendコネクターの詳細は、BPMパースペクティブTalendでのコネクターの定義を参照して下さい。

  • mdm_context変数を使用してレコードの値の読み書きを行う場合は、setBypassSecurityメソッドを使用してセキュリティチェックをバイパスすることができます。デフォルトでは、セキュリティチェックは現在のログインユーザーに対して行われます。mdm_contextの詳細は、mdm_contextの使用を参照して下さい。

ワークフローが作成されたら、Talend StudioMDMパースペクティブに直接デプロイすることができます。続いて、ワークフローをベースとするプロセスを生成し、特定のビジネスエンティティ内でマスターデータレコードに対して人手またはマシンによる介入を開始することができます。ワークフロープロセスを使用してマスターデータを更新する場合は、ユーザーに特定のセキュリティアクセス権を設定することもできます。

注: 保存前のプロセスを開始し、データレコードの検証が失敗した場合、Talendコネクター経由のレコード更新オペレーションは何の表示もなく失敗します。保存前のプロセスについては、プロセスを参照して下さい。

Studioの一部であるBPMパースペクティブで作成された全てのワークフローをエクスポートすることができます。または、MDMパースペクティブで必要に応じてリポジトリアイテムをエクスポートできます。他方、BPMパースペクティブ内のファイルから、または、MDMパースペクティブ内のMDMサーバーおよびZIPファイルから、ワークフローをインポートすることができます。

ワークフローのデプロイについては、ワークフロープロセスのMDMサーバーへのデプロイを参照して下さい。

ワークフローのエクスポートとインポートについては、ワークフロープロセスのエクスポートとインポートを参照して下さい。

プロセス生成については、ワークフロー実行プロセスの生成を参照して下さい。

ワークフローのアクセスセキュリティについては、ワークフローのアクセスセキュリティを設定するを参照して下さい。