ジョブのエクスポート - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend StudioIntegrationパースペクティブから1つ以上のジョブをエクスポートし、MDMパースペクティブにインポートすることができます。

ジョブのエクスポート機能を使用して、ジョブをMDMサーバー上にデプロイし、実行することができます。ジョブをエクスポートすると、可能なコンテキストパラメーターファイルまたは相対ファイルに加えて、.batファイルや.shファイルを含め、ジョブの実行に必要な全てのファイルがアーカイブに追加されます。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、少なくとも1つのデータ統合ジョブがIntegrationパースペクティブ内に作成済みであること。

このタスクについて

1つ以上のデータ統合ジョブをエクスポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. Integrationパースペクティブで、[Repository] (リポジトリ)ツリービューの[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードを展開し、エクスポートするジョブに移動します。
  2. ジョブを右クリックし、コンテキストメニューから[Build Job] (ジョブのビルド)を選択します。
    [Build Job] (ジョブのビルド)ダイアログボックスが表示されます。
    注: およびのボタンをそれぞれクリックして、[Build Job] (ジョブのビルド)ダイアログボックスで、作成済みの全ジョブのツリービューの表示/非表示を直接切り替えることができます。Integrationパースペクティブで以前に選択したジョブは、チェックボックスがオンの状態で表示されます。この柔軟性により、エクスポートするアイテムの選択をダイアログボックスから直接変更することができます。ダイアログボックスを閉じてTalend StudioIntegrationパースペクティブに戻る必要はありません。
  3. [To archive file] (ファイルのアーカイブ先)フィールドで、アーカイブファイルをエクスポートする場所に移動します。
  4. 複数のバージョンが作成されている場合は[Job Version] (ジョブバージョン)エリアでエクスポートするジョブのバージョン番号を選択します。
  5. [Select the build type] (ビルドタイプを選択)リストで、エクスポートするファイルのタイプを選択します。
  6. [Finish] (終了)をクリックして変更を確定し、エクスポートオペレーションを完了してダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

ジョブ情報を含む定義済みタイプのファイルが、定義した場所に作成されます。