ワークフロータスクにカスタマイズフォームを作成する - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

データスチュワードが自身に割り当てられたワークフローを承認するためにTalend MDM Web UIにアクセスすると、自動生成されたフォーム"デフォルトフォーム"内にタスクの詳細が表示されます。ただし、自動生成フォームの代わりに、カスタマイズフォームをデザインする方法があります。

Talend Studio BPM パースペクティブから、人手による介入を必要とするあらゆるワークフロータスクに、カスタマイズフォームを作成することができます。後でデータスチュワードがTalend MDM Web UIでこのタスクの自動生成フォームにアクセスすると、 BPM データスチュワードはパースペクティブで定義したフォームで生成されたカスタマイズWebアプリケーションにジャンプすることができます。詳細は、『Talend MDM Web UIユーザーガイド』を参照して下さい。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、少なくとも1つのワークフローが作成済みであること。

このタスクについて

ワークフロータスクにカスタマイズフォームを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. Talend Studio BPM パースペクティブでワークフローを開きます。
  2. 人手による介入を必要とするステップを選択します。
    選択したステップに関する一般情報が[General] (一般)パネルに表示されます。
  3. このサンプルでは、レガシー6.xフォームを使用するために、最初に[Execution] (実行)パネルに移動し、[Form] (フォーム)タブをクリックし、6.xオプションを選択します。次に、[6.x Application] (6.xアプリケーション)パネルに切り替え、Pageflowタブをクリックして、[Forms] (フォーム)の下に使用可能なフォームをリスト表示します。
  4. [Add...] (追加...)ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、カスタマイズフォームの定義を開始します。
  5. 必要に応じて、名前を変更し、対応する各フィールドに説明を入力します。
  6. リストで、カスタマイズフォームに含める変数のチェックボックスを選択し、[Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    フォームが BPM パースペクティブ内に開きます。
    このサンプルでは、カスタマイズフォームに製品名と製品の新価格のみを表示するため、このカスタマイズフォームに定義する必要のあるフィールドは、Product NameEnter New Priceの2つだけです。
    注: [+]/[-]ボタンを使用して、フォーム内でカラムや行の追加/削除を行うことができます。
  7. 必要であれば、カスタマイズフォームの各行(変数フィールド)を選択して詳細情報を表示し、必要に合わせて変更します。
  8. カスタマイズフォームのその他全ての行についても、必要に応じて、同じ方法で詳細を定義します。
  9. カスタマイズフォームを保存して閉じ、ワークフローに戻ります。
    カスタムフォームには明示的なデプロイアクションがありません。リンク先のワークフローをデプロイすると同時に、カスタムフォームをデプロイします。

タスクの結果

ワークフロータスクのカスタマイズフォームを定義してデプロイすれば、データスチュワードまたはビジネスユーザーがTalend MDM Web UIにアクセスしたときに、ワークフロータスクがカスタマイズフォーム内に表示されます。

注: また、使用可能ないくつかのBonitaテンプレートと1つの Talend テンプレートのうちから、このカスタマイズフォームにどのテンプレートを使用するかを選ぶことができます。詳細は、Talendテンプレートをワークフロータスクのカスタマイズフォームとして使用するを参照して下さい。

デフォルトフォームには、ワークフロー内で定義された全てのMDM変数が表示されます。

このフォームの使い方は、『Talend MDM Web UIユーザーガイド』を参照して下さい。