データコンテナ内のレコードを編集する - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
データコンテナ内で、既存のデータレコードを必要に合わせて編集することができます。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、データコンテナが存在し、一部のデータレコードが入力済みであること。

このタスクについて

データコンテナ内の既存のデータレコードを編集するには、以下のようにします:

手順

  1. データコンテナの参照の説明に従って、目的のデータレコードを検索します。
  2. 編集するデータレコードを右クリックし、[Edit Record] (レコードの編集)をクリックします。
  3. [XML Editor/Viewer] (XMLエディター/ビューワー)ダイアログボックスが開き、必要に合わせてデータレコードを変更することができます。
  4. 必要に応じて、変更されたレコードがUpdateReportに書き込まれ、適格なトリガーが直接実行されるように、[Fire a change event (update report) and triggers] (変更イベント(更新レポート)とトリガーの起動)チェックボックスを選択します。

    [Fire a change event (update report) and triggers] (変更イベント(更新レポート)とトリガーの起動)チェックボックスを選択した後で、必要に応じて、[Enable verification by before processes] (処理前の検証を有効化)チェックボックスを選択して、[Before Saving] (保存前)プロセスによる変更されたレコードの検証を有効にします。プロセスタイプの詳細は、プロセスタイプを参照して下さい。

    注: [Enable verification by before processes] (処理前の検証を有効化)チェックボックスが選択で、データレコードの検証が失敗した場合、更新オペレーションは何の表示もなく失敗します。
  5. [Save] (保存)をクリックして変更を確定します。