H2以外のデータベースでTalend Administration Centerを稼働させる設定 - 7.1

Talend ESB インストールガイドLinux版

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

デフォルトでは、Talend Administration Center WebアプリケーションはデフォルトのH2組み込みデータベースを使用して稼働するように設定されています。

Talend Administration Centerデータベースについての詳細は、データベースを参照してください。

始める前に

  • 外部データベースは、utf8の照合順序で作成されている必要があります。
  • Talend Administration CenterでMySQL、OracleまたはMS SQLデータベースを使用する場合は、Webアプリケーションサーバーにデータベースドライバーをインストールするの説明に従って、アプリケーションサーバーに適切なデータベースドライバーをインストールします。
  • Talend Administration CenterにMS SQLデータベースを使用する場合、TalendでサポートされているのはjTDSドライバーバージョン1.3.1のみです。
  • MySQLユーザーの場合:Talend Administration Center[Job Conductor] (ジョブコンダクター)ページでトリガーを再開する際のトランザクションの問題を回避するには、mysql.iniまたはmysql.conf設定ファイル内の [mysqld]グループの下で、トランザクション隔離レベルを transaction-isolation=READ-COMMITTEDと設定することをお勧めします。

手順

  1. アプリケーションサーバーを起動し、Webブラウザーを開いて、Talend Administration Center WebアプリケーションのURLを入力します。
  2. [Login] (ログイン)ページで、[Go to DB config page] (データベース設定ページに移動)をクリックし、管理者パスワード(デフォルトはadmin)を入力します。
    Talend Administration Centerの初回起動時には、データベースのシステム設定ページが既に開いています。
    注: データベースのセキュリティ設定によっては、接続URLにパラメーターの追加が必要になる場合があります。
  3. [Database type] (データベースタイプ)リストで、使用するデータベースを選択します。その結果、[Driver] (ドライバー)および[Url]フィールドは、このデータベースに対応するテンプレートで自動的に更新されます。
  4. [Url] フィールドで括弧内のパラメーターをデータベースの情報に置き換えます。
    [Save] (保存)をクリックするまで変更は保存されていないため、[Reload from file] (ファイルから再読み込み)ボタンをクリックすると以前のデータベースの再読み込みができることにご注意ください。
  5. [Save] (保存)をクリックして変更内容を反映させます。