Talend Installer経由でのTalend Administration Centerのシングルサインオンの有効化 - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

始める前に

[Advanced] (詳細)インストールの実行と、[Server] (サーバー)または[Custom] (カスタム)インストールタイプを選択しました。これにより、インストール中に設定をカスタマイズできるようになります。詳細は、TalendインストーラーとTalend StudioインストーラーのインストールモードTalend Installerグラフィカルインストールモードの使用を参照して下さい。

手順

インストーラーのTalend Administration Center[Configuration] (システム設定)ステップで、[Enable SSO] (SSOの有効化)チェックボックスをオンにして、インストール中のSSOを有効化し、インストールプロセスを続行します。

タスクの結果

SSOがアクティブ化されます。これは、管理者がTalend Administration Centerに初めてログインするときに、管理者が、アプリケーションと管理者のアイデンティティプロバイダーシステムの間のリンクをTalend Administration Center [Database Configuration] (データベースの設定)ページから直接設定できるようになることを意味します。

詳細は、『 Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。