Webアプリケーションサーバーにデータベースドライバーをインストールする - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

Talend Administration Centerを使用して組み込みH2データベースを使用していない場合、Webアプリケーションサーバーでデータベースを使用するために、ドライバーをインストールする必要があります。

Talend Administration Centerと互換性のあるデータベースの詳細は、互換性のあるデータベースを参照して下さい。

手順

  1. Webアプリケーションサーバーを停止します。
  2. Apache Tomcatを使用する場合、<apache-tomcat>/work/Catalina/localhostフォルダーをクリーニングします。
  3. 使用するデータベースのドライバーが、以下のフォルダーのいずれにも存在しないことを確認して下さい。ドライバーがこれらのフォルダーのいずれかにすでに存在する場合は、次のステップをスキップして下さい。
    使用するWebアプリケーションサーバー 確認するフォルダー

    Apache Tomcat

    <apache-tomcat>/webapps/amc/WEB-INF/plugins/org.talend.amc.libraries_vA.B.C.YYYYMMDD_HHmm/lib/ext

    JBoss

    <JBoss_installation_folder>/standalone/lib/ext

    <JBoss_installation_folder>/standalone/lib/endorsed

    <JBoss_installation_folder>/standalone/tmp/work/jboss.web/default-host/amc/eclipse/plugins/org.talend.amc.libraries_X.X.X.XXXXXXXX_XXXX/lib/ext

  4. 公式のプロバイダーWebサイトから、Webアプリケーションサーバーを実行するために使用するJVMのバージョンと、使用するデータベースのバージョンに従って、正しいデータベースドライバーをダウンロードします。
    Oracleを使用する場合、OracleインストレーションからojdbcX.jarのコピーを使用します。
    これらのドライバーは特有のものであるため、必要なものだけをダウンロードする必要があります。
    使用するデータベース ダウンロードするドライバー
    Azure SQL https://sourceforge.net/p/jtds/bugs/_discuss/thread/16113049/7594/attachment/jtds-1.3.1.jarからパッチ版のjTDSドライバーをダウンロードします。

    関連するバグに関する詳細は、https://sourceforge.net/p/jtds/bugs/725/?page=0を参照して下さい。まだ修正が含まれている公式リリースはないことにご注意下さい。

    MySQL http://dev.mysql.com/downloads/connector/j/
    Oracle http://www.oracle.com/technetwork/database/features/jdbc/index-091264.html
    MS SQL http://sourceforge.net/projects/jtds/files/jtds/
    PostgreSQL http://jdbc.postgresql.org/download.html
    SQLサーバー用のMicrosoft JDBCドライバー6.0、4.2、4.1、および4.0 http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=11774
    MariaDB https://downloads.mariadb.org/connector-java/
  5. ドライバーフォルダーが存在しない場合は作成します。
    • Apache Tomcat 8.0の場合は、endorsedフォルダーを<apache-tomcat>の下に作成します。
    • JBossの場合、extフォルダーを<JBoss_installation_folder>/standalone/tmp/work/jboss.web/default-host/amc/eclipse/plugins/org.talend.amc.libraries_X.X.X.XXXXXXXX_XXXX/lib/の下に作成します。
  6. 必要なドライバーを適切なフォルダーに入れます:
    • Apache Tomcat 8.0とJBoss用に作成したフォルダー
    • Apache Tomcat 8.5の場合、<apache-tomcat>/libになります。
  7. パッチ版のjTDSドライバーをインストールしてMicrosoft Azureデータベースで作業する場合、Talend Administration Centerのデータベース設定に、パッチ版ドライバーの情報を次のように入力します。
    database.url=jdbc:jtds:sqlserver://talendtac.database.windows.net:1433/tac;user=tadmin@talendtac.database.windows.net;password=yourpassword;ssl=require;
    database.driver=net.sourceforge.jtds.jdbc.Driver
    database.username=tadmin
    database.password=yourpassword

    ssl=require は、Microsoftドキュメント:https://docs.microsoft.com/nl-nl/azure/sql-database/sql-database-develop-java-simple#Opmerkingで説明されているように、必須パラメーターです 。

  8. Webアプリケーションサーバーを再起動します。