Talendダッシュボードを外部エラスティックスタックとX-Packにインポートする - 7.1

Talend ESB インストールガイドLinux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
Talendは、Talend Log Serverと共に出荷されるオープンソースElasticスタックの一部として、次のKibanaダッシュボードテンプレートを提供しています。これらのダッシュボードテンプレートをKibanaにインポートすることもできます。

始める前に

手順

  1. シェルを開くかウィンドウをプロンプトし、Talend Log Serverがインストールされているディレクトリに移動します。
  2. 以下のコマンドを使用して.kibanaテンプレートを作成します:
    curl -H "Content-Type: application/json" --cacert certs/ca/ca.crt -u elastic:TalendELK -s -XPUT https://node1.local:9200/.kibana -d @template_kibana.json
  3. Kibanaを開始します。
  4. [Dashboard] (ダッシュボード) > [Saved Objects] (保存済みのオブジェクト)の順にアクセスします。
  5. それぞれのサブタブで[Import/Export] (インポート/エクスポート)ボタンを使用してテンプレートをインポートします。
    Kibana UIタブ アップロードするファイルのロケーション

    ダッシュボード

    Talend-LogServer/dashboards-xpack/dashboardの下:

    • default.json
    • ESB-Events.json
    • ESB-Locator-Endpoints.json
    • ESB-SAM.json

    検索

    Talend-LogServer/dashboards-xpack/searchの下:

    • TABLE.json
    • All-Events-ESB-Locator-Endpoints.json
    • ALL-Events-ESB-SAM.json
    • DOCUMENTS-ESB-Events.json

    グラフ

    Talend-LogServer/dashboards-xpack/visualizationの下:

    • DASHBOARDS.json
    • DOCUMENT-TYPES-CHART-ESB-Events.json
    • DOCUMENT-TYPES-TABLE-ESB-Events.json
    • ENDPOINT-AVAILABILITY-ESB-Locator-Endpoints.json
    • ENDPOINTS-PER-SERVICES-ESB-Locator-Endpoints.json
    • FILTER-BY-SEVERITY.json
    • FILTER-BY-SOURCE.json
    • GROUP-BY-SEVERITY.json
    • GROUP-BY-SOURCE.json
    • HISTOGRAM-ESB-Events.json
    • Middleware-Navigation.json
    • OFFLINE-ENDPOINTS-ESB-Locator-Endpoints.json
    • OFFLINE-SERVICES-ESB-Locator-Endpoints.json
    • REMOTE-CONSUMER-ESB-SAM.json
    • SERVICE-AVAILABILITY-ESB-Locator-Endpoints.json
    • SERVICE-REQUESTS-ESB-SAM.json
    • SERVICE-RESPONSES-ESB-SAM.json
    • TIMELINE.json
    • TOP-10-ENDPOINTS-ESB-Locator-Endpoints.json
    • TOP-SERVICES-ESB-SAM.json