バージョン管理システムへのTalend Administration Centerのリンク - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

手順

  1. [Configuration] (設定)をクリックし、Talend Administration Centerの設定ページにアクセスします。
  2. GitまたはSVNサーバーのインストール処理中に設定したパラメーターを使用して、Git またはCVSモジュールの以下のパラメーターを変更します。
    パラメーター名 [Description] (説明)
    Server Location URL (SVNライブラリURL) GitまたはSVNのリポジトリURL。
    Username (ユーザー名) GitまたはSVNのリポジトリユーザー。
    [Password] (パスワード) GitまたはSVNのリポジトリパスワード。
    注: バージョン管理システムに多要素認証またはシングルサインオンを使用する場合は、Talend Administration Centerでバージョン管理システムを設定するときにパーソナルアクセストークン(Git)またはトークン(SVN)を生成し、これをパスワードの代わりに使用する必要があります。
    GitまたはSVNのURLのサンプルとその他の詳細は、Apache Subversion (SVN)サーバーのインストールと設定Gitのインストールと設定を参照して下さい。
    複数のGitまたはSVNリポジトリを使用してプロジェクトを保存する場合は、Talend Administration Centerのユーザーガイドを参照して、詳細設定に関する手順を確認して下さい。

タスクの結果

GitまたはSVNへのリンクが確立されたため、新しいプロジェクトを作成して、Talendクライアントはワークスペースで少なくとも1つのプロジェクトを保持できます。

次のステップ:

  • [Users] (ユーザー)ページから1人以上のユーザーを作成します。

  • [Projects] (プロジェクト)ページから、新しいリモートコラボレーションプロジェクトを作成します。

  • [Project authorizations] (プロジェクト権限)ページから、ユーザーをプロジェクトに関連付けます。

詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。