Talend Administration Center (TAC)がHTTPSの場合のTalend Data Preparationの設定 - 7.1

Talend ESB インストールガイドLinux版

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
Talend Data Preparationhttpsで実行中のTalend Administration Center (TAC)インスタンスに接続できるようにするため、Talend Data PreparationではTalend Administration Center (TAC)証明書を信頼する必要があります。

手順

  1. 以下の例では、Talend Administration Center (TAC)証明書またはその認証機関を取得して、既存のまたは新しい.jksファイルに追加します。
    keytool -import -trustcacerts -alias <cert-alias> -file <tac_certificate.crt> -keystore <truststore.jks>
  2. <Data_Preparation_Path>/config/application.propertiesファイルで、次のプロパティを追加してストアを設定します。
    tls.trust-store=/path/to/<truststore.jks>
    tls.trust-store-password=<trust-store_password>
    
    false to disable hostname verification
    tls.verify-hostname=false
  3. Talend Data Preparationを再起動します。