Talend Data Preparationの手動インストール - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
この手順には、Talend Data Preparationをマシンに手動でインストールするステップが含まれています。Talend Installerを使用した自動インストール手順については、Talend Installerグラフィカルインストールモードの使用を参照して下さい。

始める前に

手順

  1. MongoDB 3.4インスタンスをhttps://www.mongodb.com/download-centerからダウンロードしてインストールします。
    サポートされているMongoDBデータベースの詳細は、互換性のあるデータベースを参照して下さい。
    そのインストール方法の詳細は、MongoDBドキュメントを参照して下さい。
    SSLを使用してMongoDBとの接続を保護する場合は、MongoDB Enterpriseサーバーをマシンに手動でインストールする必要があります。詳細は、https://docs.mongodb.com/v3.4/security/を参照して下さい。
  2. Talend-DataPreparation-Server-VA.B.C.zipTalend Data Preparationをインストールする場所に展開します。
  3. <Data_Preparation_Path>/services/components-api-service-rest-all-components-VA.B.C.zipコンポーネントカタログをインストールする場所に展開します。
  4. Talend Data Preparationをビッグデータのコンテキストで使用するには、2つの追加ツール、Streams RunnerSparkジョブサーバーをインストールする必要があります。
    Streams RunnerSparkジョブサーバーはLinuxマシンにインストールする必要があります。
    1. <Data_Preparation_Path>/services/data-streams-streamsrunner-svc-A.B.C.tgzStreams Runnerインストールする場所に展開します。
    2. Unpack the <Data_Preparation_Path>/services/spark-jobserver-A.B.C.tar.gzSparkジョブサーバーインストールする場所に展開します。このファイルには、Sparkジョブサーバーに加えて、必要なすべての依存性が含まれています。
      さらに、curl(コマンドラインツールで、データをURLを使用して転送するためのライブラリー)がすでにインストール済みであることが必要です。必要に応じてhttps://curl.haxx.se/からダウンロードできます。
  5. mongoPATH環境変数に追加します。
  6. 次のコマンドを使用して、MongoDBにdataprepデータベースを作成します:
    use dataprep
  7. MongoDBのdataprepデータベースで次のユーザーを作成します:
    • ユーザー名: dataprep_user
    • パスワード: duser
    これを行うには、次のコマンドを使用します。
    db.createUser( { user: "dataprep-user", pwd: "duser", roles: [{ role: "readWrite", db: "dataprep"}]})
    <Data_Preparation_Path>/create_mongo_user.shファイルを実行することにより、ユーザーとパスワードを自動で作成できます。