ソフトウェア更新リポジトリー - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

次の図は、Talend Administration CenterおよびTalend Studio[Software Update] (ソフトウェアアップデート)とをリンクするアーキテクチャを示します。

一部のソフトウェア更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[Software Update] (ソフトウェアアップデート: Talend Artifact Repositoryに統合)とtalend-updatesという名前の組み込みリポジトリーに接続する必要があります。

その場合、Talend Artifact Repositoryをマシンにインストールして、Talend Artifact Repositoryのインストールと設定で説明されている手順に従ってWebインタフェースにログインする必要があります。

Talend Administration Centerでは、Talendリモートリポジトリーからローカルtalend-updates repositoryにコピーされた現在のバージョンで使用可能なパッチが検出されており、管理者が承認できます。

Talend StudioTalend Administration Centerに接続されてリポジトリ接続情報を取得し、更新が自動的に検出されてインストールされます。

Talend Artifact Repositoryおよび[Software Update] (ソフトウェアアップデート)をインストールおよび設定する方法は、Talend Artifact Repositoryのインストールと設定を参照して下さい。

これらのリポジトリを介してアップデートをチェックする方法の詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』および『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。