Talend ESBコンテナの実行 - 7.1

Talend ESB インストールガイドLinux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

Talend ESBをインストールすると、Talend-ESB-VA.B.C/containerディレクトリーのTalend ESB Containerにアクセスできるようになります。

Talend ESB Containerは、Apache KarafベースのOSGIコンテナーでTalend-ESB-VA.B.C/container/deployフォルダーに各種コンポーネントやアプリケーションをデプロイして実行できます。

手順

  1. Talend-ESB-VA.B.C/container/binディレクトリーを参照します。
  2. trunファイルを実行します。

タスクの結果

Talend ESB Containerを起動した後は、初期化が完了し、コマンドを入力できるようになるまで数秒間待つ必要があります。Talend ESB Containerが組み込まれているKarafでは、バックグラウンドで非コアバンドルが起動されます。そのため、コンソールが既に使用可能な場合でもコマンドは入力できません。

Talend ESBコンテナの使用と設定の詳細は、『Talend ESB Container Administration Guide』および『Talend ESB Infrastructure Services Configuration Guide』を参照して下さい。

Talend ESBコンテナをインストールして起動すると、Talend ESBパッケージで利用可能な他のコンポーネントすべてをフィーチャーとしてコンテナ内で直接インストールできるようになります。そのため、Talend ESB Containerを起動すると、他のすべてのコンポーネントが同時に起動されます。

これらのコンポーネントをスタンドアロンでインストールすることもできます。

警告: Talend ESBコンポーネントを機能としてコンテナにインストールすると、メモリの問題が発生する場合があります。コンテナのメモリ割り当てを増やす方法の詳細は、『Talend ESB Container Administrator's Guide』を参照して下さい。

この実装ではTalend ESBの管理を簡素化できますが、クラスター環境を作成する場合、適切なコンポーネントが機能としてインストールされたコンテナを複数使用するには、コンテナを複製する必要があります。一方、異なるコンポーネントをスタンドアロンとして使用する場合は、該当するインスタンスを複製するだけで済みます。

いくつかの基本的なコンテナのみを使用する場合は、 Talend Runtimeを使用することもできます。 Talend RuntimeTalend ESBで提供されるコンテナフォルダーに該当します。 Talend Runtimeのインストールの詳細は、Talend Runtimeのインストールを参照して下さい。