Linux RedhatでのApache Subversionのインストールと設定 - 7.1

Talend ESB インストールガイドLinux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

手順

  1. Apacheユーザーまたはルートとして、httpd, mod_dav_svnパッケージとSubversionパッケージをインストールします。
    # yum install httpd mod_dav_svn subversion
  2. svnディレクトリーを作成します。
    # mkdir /var/www/svn
  3. SVNリポジトリーを作成します。
    # svnadmin create /var/www/svn/repository
  4. ユーザー名とパスワードを作成します。
    # htpasswd -cmb /var/www/svn/passwd admin@company.com admin
  5. Apacheへのディレクトリーの所有者を変更します。
    # chown -R apache.apache /var/www/svn
  6. SVN設定ファイルを開きます。
    # vim /etc/httpd/conf.d/subversion.conf
    CentOS 7上では、設定ファイルの名前は10-subversion.confです。設定ファイルは/etc/httpd/conf.modules.dフォルダーの下にあります。
  7. 更新は次のとおりです。
    <Location /svn>
    DAV svn
    SVNPath /var/www/svn/repository
    Require valid-user
    AuthType basic
    AuthName "Subversion"
    AuthUserFile /var/www/svn/passwd
    </Location>
  8. httpdを再起動します。
    # /etc/init.d/httpd start
  9. システムでSELinux (Security-Enhanced Linux)が有効になっている場合は、SELinuxでの「permission denied」エラーの処理を参照して下さい。