RedHat/CentOS 7システムへのサービスとしてのTalend Log Serverのインストール - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

始める前に

次のコマンドは全て、スーパーユーザー権限で実行する必要があります。
注: You cannot run Elasticsearch as the root user. Elasticseach is part of the Talend Log Server, therefore you cannot run the start_logserver.sh file as root user.

手順

  1. 以下のコマンドを使用して、サービスファイルを作成します:
    touch /etc/systemd/system/Talend-LogServer.service
  2. 作成したファイルに関連する権限を割り当てます:
    chmod 664 /etc/systemd/system/Talend-LogServer.service
  3. 設定に合わせて、ファイルに以下の内容を貼り付けます:
    [Unit]
    Description=Talend Log Server Service
    After=network.target
    
    [Service]
    WorkingDirectory=<LogServerPath>
    ExecStart=/bin/bash start_logserver.sh
    ExecStop=/bin/bash stop_logserver.sh
    Type=simple
    
    [Install]
    WantedBy=default.target
  4. サービスデーモンを再度読み込みます:
    systemctl daemon-reload
  5. サービスを開始します:
    systemctl start Talend-LogServer.service

タスクの結果

Filebeatが自動的にインストールされ、サービスとして開始します。