Talend Identity and Access Managementのセッションデータストレージを設定する - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
異なる複数のインスタンス間でセッションデータを共有できるようにTalend Identity and Access Managementを設定する。

始める前に

手順

  1. <InstallationPath>/iam/apache-tomcat/bin/setenv.shファイルを開きます。
  2. SPRING_SESSION_STORE_TYPE環境変数を設定し、セッションデータを保存するためのバックエンドを指定するために、次の行を追加します。
    export SPRING_SESSION_STORE_TYPE=mongo
  3. 次の構文を使用して、MongoDBインスタンスの接続文字列にSPRING_DATA_MONGODB_URI環境変数を設定します。
    export SPRING_DATA_MONGODB_URI=mongodb://<username>:<password>@<mongo-host1>:<mongo-port1>,<mongo-host2>:<mongo-port2>,...,<mongo-hostN>:<mongo-portN>/<database-name>
    URIのコンポーネントは以下のとおりです。
    コンポーネント [Description] (説明)
    MongoDB このプレフィックスは必須です。
    username

    password

    オプション: クライアントはMongoDBインスタンスに接続した後で、これらの認証情報を使用してデータベースへのログインを試みます。
    mongo-host 接続先のサーバーアドレス(ホスト名またはIPアドレス)。
    mongo-port デフォルト値は27017です。
    database-name セッションデータストレージ用のデータベースの名前。

    MongoDBをクラスターモードで設定した場合、<mongo-host1>がクラスター内の最初のホストの名前です。これには<mongo-port1>などが使用されます。

    sessionsという名前でポート番号が 27017のexample.talend.com上でホストされているMongoDBデータベースへの接続を記述するには、次の行を追加します。
    export SPRING_DATA_MONGODB_URI=mongodb://example.talend.com:27017/sessions
  4. Talend Identity and Access Managementを起動します。

次のタスク

Talendアプリケーションを開始し、ログインします。

MongoDB内にセッションデータストレージ用に作成されたデータベースにアクセスします。データベースには最新のセッションデータが含まれています。