データベースXからデータベースYへの移行 - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

あるデータベースから別のデータベース(たとえば、H2からMySQL)に移行を行う場合、migrateDatabaseというMetaServletコマンドを使用する必要があります。

移行プロセス中にソースデータベースが更新されるため、移行前にバックアップすることが必須です。

MetaServlet アプリケーションは、<TomcatPath>/webapps/<TalendAdministrationCenter>/WEB-INF/classesフォルダーにあります。

このコマンド(と関連パラメーター)のヘルプを表示するには、次をMetaServletアプリケーションに入力する必要があります。

./MetaServletCaller.sh --tac-url=<yourApplicationURL> -h migrateDatabase

MetaServletアプリケーションの詳細は、Talend Administration Center『ユーザーガイド』を参照して下さい。

下記に、データベースH2とMySQLデータベース間の移行例を示します。

このコマンドを使用できるようにするには、先頭行に記述する必要があります。

./MetaServletCaller.sh --tac-url http://localhost:8080/org.talend.administrator --json-params='{"actionName":"migrateDatabase","dbConfigPassword":"admin","mode":"synchronous","sourcePasswd":"tisadmin","sourceUrl":"jdbc:h2:/home/Talend/6.4.1/tac/apache-tomcat-8.0.20/webapps/org.talend.administrator/WEB-INF/database/talend_administrator","sourceUser":"tisadmin","targetPasswd":"root","targetUrl":"jdbc:mysql://localhost:3306/base","targetUser":"root"}'