Linux UbuntuでのApache Subversionのインストールと設定 - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

手順

  1. Subversion、apache2およびlibapache2-svnの各パッケージをインストールします。
    # apt-get install subversion apache2 libapache2-svn
  2. svnディレクトリーを、システムのルートに作成します。
    # mkdir /svn
  3. Webserverユーザーへのディレクトリーの所有者、デフォルトではwww-data、を変更します。
    # chown www-data:www-data /svn
  4. www-dataユーザーに切り替えます。
    # su -l www-data -s /bin/bash
  5. 新しいSVNリポジトリー、たとえばmy_repoを作成します。
    $ svnadmin create /svn/my_repo
  6. ユーザーとパスワードを作成します。
    $ htpasswd -cmb /svn/passwd talend_admin secretpassword
  7. SVN設定ファイルを開きます。
    # vi /etc/apache2/mods-enabled/dav_svn.conf
  8. 次のように更新します。
    <Location /my_repo>
    DAV svn
    SVNPath /svn/my_repo
    AuthUserFile /svn/passwd
    Require valid-user
    AuthType basic
    AuthName "Subversion"
    </Location>
  9. Apache Subversionを再起動します。
    # /etc/init.d/apache2 restart
  10. システムでSELinux (Security-Enhanced Linux)が有効になっている場合は、SELinuxでの「permission denied」エラーの処理を参照して下さい。