Talendインストーラー固有の前提条件 - 7.1

Talend ESB インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

Talendインストーラーを起動する前に、次の点をチェックして下さい。

  • フォルダーが含まれるTalend-Tools-Installer-YYYYYYYY_YYYY-VA.B.C-installer.zipをダウンロードしていること。

    展開先のフォルダーに、distファイルと、サポートされるオペレーティングシステムに対応する実行可能ファイルが見つかります。

    Talend-Tools-Installer-YYYYYYYY_YYYY-V-A.B.C-linux64-installer.runを使用します。

    ファイル名で、YYYYYYYY_YYYYはタイムスタンプを、A.B.Cはリビジョンレベル(メジャー.マイナー.パッチ)を表します。

    distファイルは、Talend製品をインストールするためにのみ必要です。インストールと設定が完了したら、ファイルを削除できます。

  • Talendモジュールをインストールするステーションに、次のソフトウェアとモジュールが正しく設定されている。

    • JRE 1.8.0以降のバージョンをお使いのマシンにインストールする必要があります

    • (任意)メールサーバー(電子メールで通知を送信する場合)

インストール時には022umask値が必要です。他のumask値はサポートされていません。

Talendインストーラーでは、sdshellユーティリティがサポートされていません。

重要:

Talendインストーラーによって、手動インストールを必要とせず、すぐに使えるTalendソリューションを利用できるようになります。ただし、これらのソリューションは本番環境用に提供されるわけではないので、特定のニーズに応じて追加の設定や最適化が必要になることがあります。

たとえば、Talend Administration Centerにデフォルトで組み込まれているH2データベースを自分のデータベース(MySQLやOracle など)に変更する場合などです。

注: Talendインストーラーは、Talendソリューションの初回インストールでのみ使用されます。移行とアップグレードのプロセスについての詳細は、移行の手順を参照して下さい。