H2データベースURLの設定 - 7.1

Talend ESB インストールガイドLinux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
データベースURLを編集してTalend Administration Centerを機能させる必要があります。

手順

  1. <ApplicationPath>/WEB-INF/Classesフォルダーのconfiguration.propertiesファイルを開き、H2データベースのURL設定を以下のように編集します:

    database.url=jdbc:h2:tcp://<IP_address>:<port_number>/file:<ApplicationPath>/WEB-INF/database/talend_administrator;AUTO_SERVER=TRUE;IFEXISTS=TRUE;MVCC=TRUE; LOCK_TIMEOUT=15000

    ここで<IP_address>は自分のIPアドレスを表し、<port_number>、H2サーバーの起動に使用するコマンドで指定されたTCPポート番号、<ApplicationPath>org.talend.administratorがデプロイされている場所を表します。

  2. Tomcatサービスを開始します。
  3. Talend Administration Center Webアプリケーションを開始します。

タスクの結果

ここで他のユーザーはURLアドレスからH2データベースにアクセスして使用できます。