初回のTalend Administration Centerの起動 - 7.1

Talend ESB インストールガイドLinux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
データベースおよび共有リポジトリー(GitまたはSVN)への接続の設定は、Talend Administration CenterのWebインタフェースから実行することをお勧めします。

手順

  1. Talend Administration Centerがインストールされているアプリケーションサーバーを開始します。
  2. Webブラウザーを開いて、次のURLを入力します。
    http://localhost:8080/<ApplicationPath>
    WebブラウザーのIPが自分のマシンのIPと異なる場合は、localhostをWebサーバーのIPアドレスまたはホスト名で置き換えます。また、<ApplicationPath>Talend Administration CenterのWebアプリケーションパスで置き換えます。たとえば、http://localhost:8080/org.talend.administratorのようになります。
    環境に応じてポートを選択します。デフォルトポートの8080は別のアプリケーションと競合する場合があります。
  3. デフォルトのパスワードadminを入力します。H2データベース接続パラメーターが表示され、ドライバー、URL、接続、バージョン情報の自動チェックが実行されます。
    管理データベース(ユーザー、権限などを保存)はH2組み込みデータベースであり、アクセス情報は自動的に設定されます。セキュリティ上の理由から、パフォーマンスを向上させるために、;MV_STORE=FALSE;MVCC=TRUE追加パラメーターをH2のデフォルトURLに追加する必要があります。H2データベースのURLは次のようになります: jdbc:h2:~/talend_administrator;MV_STORE=FALSE;MVCC=TRUE;AUTO_SERVER=TRUE;LOCK_TIMEOUT=15000
    H2組み込みデータベースを使用しない場合は、異なるデータベースサーバー(MySQL、MSSQL、またはOracle)を設定できます。いずれの場合も、対応する接続パラメーターを設定します。詳細は、H2以外のデータベース上で稼働させるためのTalend Administration Centerの設定を参照して下さい。
  4. [Set new license] (新規ライセンスの設定)をクリックし、Talendから受領したライセンスファイルに移動し、[Upload] (アップロード)をクリックします。最後のチェックがライセンスに対して実行されます。
  5. [Go to Login] (ログインに移動)をクリックします。
  6. [Login] (ログイン)ページで、初回アクセスのデフォルト接続ログインを入力します (ログイン: security@company.com 、パスワード: admin)。
    これらの認証情報は、Webアプリケーションのデフォルトユーザー用です。Talend Administration Center[Users] (ユーザー)メニューを使用して新しいログイン情報を作成できます。その後、作成した認証情報で接続した後、security@company.comユーザーを削除します。

    最初の接続の実行後、セキュリティ上の理由から、デフォルトのユーザーアカウントを使用してアプリケーションにアクセスしないことを強く推奨します。このアカウントのデフォルトの認証情報(security@company.com/admin)を変更するか、別の管理者ユーザーを作成してデフォルトのアカウントを削除できます。このアカウントにはセキュリティ管理者のロールのみが存在します。そのタイプはNPA (プロジェクトへのアクセス権なし)であるため、ライセンスにカウントされません。

    Webアクセスが制限されている場合、ライセンスキーの検証を実行するには、[Validate your license manually] (手動によるライセンスの確認)をクリックしてライセンスを確認する必要があります。画面の指示に従います。

タスクの結果

ライセンスが検証されると、Talend Administration Centerのナビゲーションバーが開き、デフォルトの管理者ユーザーアカウントでアクセス可能なすべてのページが示されます。

管理者ユーザーがアクセスできるTalend Administration Centerのページの詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。