Talend DQ Portalのデータベースの権限 - 7.0

Talend Data Fabric インストールガイド Mac

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

Talend Installerを使用してTalend DQ Portalをインストールする場合、分析結果を保存する特定のデータベースを選択できます。サポートされているデータベースのいずれかにユーザーが分析結果を書き込むことができるようにするには、特定のシステム権限を付与する必要があります。

サポートされるデータベースの詳細は、互換性のあるデータベースを参照してください。

前提条件

分析結果を保存するためにMySQL、PostgreSQLまたはSQLサーバーデータベースの使用を選択した場合、データベースはTalend Installerによって自動的に作成されます。ただし、Oracleデータベースの使用を選択した場合は、Talend Installerを使用してTalend DQ Portalをインストールする前にデータベースとスキーマを作成する必要があります。

分析結果を保存するデータベースを定義する際には、次の作業を行う必要があります。

  • Talend DQ Portalのユーザーに異なるデータベースの適切な権限が与えられていることを確認する
  • PostgreSQLデータベースの場合、Talend DQ PortalをPostgreSQLサーバーにインストールするコンピュータのIPを追加する

MySQLの権限

レポートデータマート接続を設定する際に定義したユーザーには特定の権限が付与されている必要があります。GRANTコマンドを使用して少なくとも次のシステム権限を与える必要があります。

  • 選択
  • 挿入
  • 更新
  • 作成
  • Drop
  • インデックス
  • Alter
  • Create View

SQLステートメントの例:

GRANT <privilege> ON`<database_name>`.* TO
                <user_name>@'%'

Oracleの権限

レポートデータマート接続を設定する際に定義したユーザーにはDBAロール、またはCONNECTとRESOURCEロールが付与されている必要があります。grant コマンドを使用してユーザーに次のシステム権限を与えます。

ユーザー自身のスキーマにデータマートを作成する際に必要な権限は以下のとおりです。

  • create a sequence
  • create session
  • create alter session
  • create table
  • create view

SQLステートメントの例:

GRANT create session to <user>

現在のユーザーが所有していないスキーマにデータマートを作成する際に必要な権限は以下のとおりです。

  • alter any table
  • comment any table
  • create any index
  • create any sequence
  • create any table
  • create any view
  • create session
  • insert any table
  • select any sequence
  • select any table
  • update any table

SQLステートメントの例:

GRANT alter any table to <user_name>