サービスのエクスポートとTalendランタイムコンテナコンテナでの実行 - 7.0

Talend Data Services Platform入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このセクションでは、開発を目的に顧客サービスをエクスポートしてOSGiコンテナ(Talendランタイムコンテナ)内で実行する方法を説明します。

サービスをエクスポートする前に、Talendランタイムコンテナを開始します。また、すべてのインフラストラクチャサービスが開始していることを確認します。詳細は、Talend Runtimeおよびそのインフラストラクチャサービスの起動を参照して下さい。

手順

  1. [Services] (サービス)の下のCustomerService 0.1を右クリックし、[Export Service] (サービスのエクスポート)を選択します。[Save As] (名前を付けて保存)ウィンドウで、フォルダーを指定します。[Finish] (終了)をクリックします。

    これによりサービスがビルドされ、CustomerService-0.1.karファイルとして、指定されたディレクトリにエクスポートされます。

  2. ファイルCustomerService-0.1.karをコピーし、Talendランタイムコンテナのデプロイフォルダーに貼り付けます。サービスが直接開始します。
  3. この環境はダイナミックロード環境であるため、サービスの実行は自動的に開始されます。Talendランタイムコンテナウィンドウでこれを確認するには、コンソールのプロンプトの後にlistコマンドを入力します。
  4. サービスが正しくデプロイされたかどうかをチェックするには、http://localhost:8040/servicesに移動し、CustomerServiceサービスがリスト表示されていることを確認します。
  5. コンシューマーを開始して、サービスが機能しているかどうかを確認します。サービスが実行されているポートが変更され、現在はTalendランタイムコンテナポートが使用されています。ポートはデフォルトでは8040です。ポートを更新するには、[Job Designs] ジョブデザイン)の下でCustomerConsumer 0.1ジョブを開きます。tESBConsumer_1の中央をクリックします。[Component] (コンポーネント)タブに進みます。
  6. [Service configuration] (サービス設定)フィールドのとなりの[...]ボタンをクリックし、WSDL設定ウィンドウを開きます。
  7. Talendランタイムコンテナポートを使用するポート番号を更新します。80908040に変更し、更新ボタンをクリックして下さい。
  8. 以前行ったように、[Run] (実行)タブでコンシューマージョブを実行します。以前のような出力が表示されます。