入力データの設定 - 7.0

Talend Data Services Platform入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このドキュメントのサンプルでは、探そうとしている顧客データがMySQLデータベースに保存されていることが前提になっています。

サンプルを複製して正確な入力データを使用するには、顧客データのgettingstarted.sqlファイルをダウンロードし、MySQLデータベースにインポートします。

始める前に

  • MySQLデータベースにアクセスできること。
  • このページの左パネルにある[Downloads] (ダウンロード)タブからtpds_gettingstarted_source_files.zipをダウンロードし、ソースファイルgettingstarted.sqlをローカルに保存していること。

手順

  1. [MySQL Workbench] (MySQLワークベンチ)を開いてデータベースのインスタンスを起動します。
  2. メニューバーから[Server] (サーバー) > [Data Import] (データインポート)の順に選択し、インポートウィザードを開きます。
  3. [Import from Self-Contained File] (自己完結型のファイルからインポートする)オプションを選択し、gettingstarted.sqlファイルの保存場所に移動します。
  4. データのインポート先とするスキーマを選択するか、または[New...] (新規...)をクリックして新しいスキーマを定義します。
  5. 右下の[Start Import] (インポートの開始)をクリックします。

タスクの結果

gettingstartedデータベースがMySQLデータベースにインポートされます。