サービスの作成 - 7.0

Talend Real-Time Big Data Platform入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
このセクションでは、WSDLを作成して顧客サービスを定義します。

手順

  1. Talend Studio統合パースペクティブで、[Repository] (リポジトリ)ツリービューにある[Services] (サービス)ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Service] (サービスの作成)を選択します。
  2. ポップアップウィザードで、名前CustomerService、目的demo、サービスの説明を入力し、[Next] (次へ)をクリックします。
    警告: Git管理プロジェクトで作業している場合は、次の予約キーワードをサービスやサービスフォルダーに使用しないでください。
    • tests
    • target
    • src
    これらの予約キーワードがサービス、サービスフォルダー、その親フォルダーのいずれかのレベルで使用されている場合、該当するフォルダー内のサービスに行った変更はGitにプッシュされません。
  3. [Create new WSDL] (WSDLの新規作成)オプションを選択し、[Finish] (終了)をクリックします。

    デザインワークスペースにサービスが開いて、WSDLの基本スケルトンが示されます。これには1つのサービス、1つのバインド、1つの操作の1つのポートタイプが含まれます。

  4. WSDLスケルトンで、入力エレメントCustomerServiceOperationRequestの右側にある矢印アイコンをクリックします。スキーマエディターが開き、リクエストメッセージのスキーマを定義することができます。
  5. inエレメントを右クリックし、コンテキストメニューで[Show properties] (プロパティの表示)を選択します。[Properties] (プロパティ)ビューが開いたら、[Name] (名前)フィールドで名前をidに変更します。このユースケースではリクエストメッセージが顧客IDになるためです。Talend Studioのメニューバーにあるアイコンをクリックし、スキーマを保存して閉じます。
  6. WSDLスケルトンで、出力エレメントCustomerServiceOperationResponseの右にある矢印アイコンをクリックし、スキーマエディターでレスポンスメッセージのスキーマを編集します。
  7. このユースケースでは、レスポンスメッセージには2つの行(顧客の電子メールと電話番号)があります。[Properties] (プロパティ)ビューでoutエレメントをクリックし、名前をPhoneに変更します。
  8. デザインワークスペースでPhoneエレメントを右クリックし、コンテキストメニューで[Insert Element] (エレメントの挿入) > [After] (後ろ)の順に選択します。[Properties] (プロパティ)ビューでEmailという名前を付けます。Talend Studioのメニューバーにあるアイコンをクリックし、スキーマを保存して閉じます。
  9. WSDLファイルを保存します。このファイルはWebサービスの構築に使用されます。

タスクの結果

[Repository] (リポジトリー)ビューの[Services] (サービス)ノードの下に、定義したばかりのWebサービスが表示され、[!]アイコンが付加されています。[!]アイコンは、定義済みのこのWebサービスがまだ使用されていないことを意味します。