メモリ使用量 - 7.1

Talend Data Services Platform インストールガイドLinux版

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
製品 クライアント/サーバー メモリ要件

(推奨最小メモリ)

メモ
Talend Administration Center (TAC) サーバー 4GB~8GB Talend Activity Monitoring Consoleがインストールされているかどうかに関係なく、メモリ要件は同じです。
Talend Identity and Access Management サーバー 2GB~4GB  
Talend CommandLine サーバー 2GB~5GB  
Talend JobServer サーバー 1GB~1GB  
Talend Studio クライアント 3GB~4GB  
Talend Runtime サーバー 2GB~4GB  
Talend DQ Portal サーバー 3GB~6GB

Talend DQ PortalTalend 7.1以降、非推奨となっています。Data Qualityデータマートを自身のレポートツールに接続することはできません。

Talend Data Preparation サーバー 4GB~8GB  
Talend Data Stewardship サーバー 4GB~8GB  
Talend Dictionary Service サーバー 1GB~2GB  
Talend Log Server サーバー 3GB~6GB  
注: モジュール上で実行されているプロセスの数によっては、 利用可能なメモリを増やす必要があります。同じホストに複数の製品がインストールされている場合、Talendでは、8個の論理プロセッサーによるi7 CPUの使用を推奨しています。