HTTPS接続でのtDataprepRunコンポーネントの使用 - 7.1

Talend Data Services Platform インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. 以下の例では、Talend Data Preparation証明書またはその認証機関を取得して、既存のまたは新しい.jksファイルに追加します。
    keytool -import -trustcacerts -alias <cert-alias> -file <dp_certificate.crt> -keystore <truststore.jks>
  2. StudioでTalend Data Preparation証明書を信頼するには、Studioの起動に使用する.iniファイルを編集します。
    -Djavax.net.ssl.trustStore=/path/to/<trust-store.jks>
    -Djavax.net.ssl.trustStorePassword=<trust-store password>
  3. Studioでジョブを設計するときに、OnSubjobOk リンクを使用してtSetKeystoreコンポーネントをデータ入力コンポーネントに接続すると、ジョブがTalend Data Preparation証明書を信頼できるようになります。tSetKeystoreの設定方法の詳細は、『Talend Components Reference Guide』を参照してください。

タスクの結果

tDataprepRunコンポーネントの使用方法、およびTalendジョブでレシピを運用する方法の詳細は、Talend Help Center( https://help.talend.com)を参照して下さい。