UbuntuでのサービスとしてのTalendコマンドラインのインストール - 7.1

Talend Data Services Platform インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. /usr/binディレクトリーに移動します。
  2. 以下を含むcommandline_startファイルを作成します:
    #!/bin/sh
    cd <CommandLinePath>
    nohup sh commandline-linux.sh&
    警告: <CommandLinePath>パスは絶対パスでなければなりません。
  3. 以下を含むcommandline_stopファイルを作成します:
    #!/bin/sh
    (echo stopServer ; sleep 2) | telnet localhost 8002
  4. 上記の2つのファイルが実行可能であることを確認します。/usr/binディレクトリーで以下の2つのコマンドを実行します:
    chmod +x /usr/bin/commandline_start
    chmod +x /usr/bin/commandline_stop
  5. 以上の2つの実行可能ファイルに関連するサービスを作成するため、<CommandLinePath> /addons/scripts/talend_commandlineファイルを/etc/init.dディレクトリーに貼り付けます。
  6. 以下のようにファイルを実行可能にします:
    # chmod +x /etc/init.d/talend_commandline_commandline
  7. 以下のコマンドを実行します:
    # update-rc.d talend_commandline_commandline defaults 60