データのプロファイリングでサポートされるデータベース - 7.1

Talend Data Services Platform インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
以下の表に、ProfilingTalend Studioパースペクティブからサポートされているデータベースを示します。サポートされているサードパーティシステムの完全なリストについては、Talendコンポーネントによりサポートされるシステム、データベース、およびビジネスアプリケーションを参照してください。
データベース名 データベースのバージョン
Amazon Redshift Amazon Redshiftの初期リリース
AS/400 V6R1からV7R2

(非推奨バージョン: V5R2 to V5R4/V5R3 to V6R1)

Hive サポートされているHiveディストリビューションの完全リストについては、データのプロファイリングでサポートされるHiveディストリビューションを参照してください。
IBM DB2およびIBM DB2 Z/OS 10.5

(非推奨バージョン: 10.1)

Impala (Clouderaのサブモジュール) CDH5.1以降

MapR 5.1.0

MapR 5.2.0

MapR 6.0.0

Informix 11.50
Ingres 非推奨バージョン: 9.2
Microsoft SQL Server 2014

2016

2017

(非推奨バージョン: 2000/2003/2005/2008/2012)

MySQL MySQL 5.1/5.5/5.6

MySQL 8.0

MariaDB

(非推奨バージョン: MySQL 4

Netezza 6
Oracle SID Oracle 12cリリース1

(非推奨バージョン: Oracle 9i/Oracle 10g/Oracle 11g)

Oracleサービス名 Oracle 12cリリース1

(非推奨バージョン: Oracle 9i/Oracle 10g/Oracle 11g)

PostgreSQL 8.3

9.1+

10

SQLite 3.6.7
Sybase (ASEおよびIQ) QLite 12.5

12.7

15.2

Teradata 12

13

14

15

Vertica 9.0.x

(非推奨バージョン: 3/3.5/4/4.1/5.0/5.1/6.0/6.1.x/7.0.x/7.1.x)