ユーザライブラリリポジトリ - 7.1

Talend Data Services Platform インストールガイドLinux版

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

次の図に、User Libraries (ユーザーライブラリ)リポジトリのアーキテクチャを示します。

Talend Studioで必要になる特定のサードパーティJavaライブラリーまたはデータベースドライバーをダウンロードしてインストールするには、User Librariesリポジトリー(Talend Artifact Repositoryに統合)と、その組み込みリポジトリーtalend-custom-libs-releaseに接続する必要があります。

その場合、Talend Artifact Repositoryをマシンにインストールして、Talend Artifact Repositoryのインストールと設定で説明されている手順に従ってWebインタフェースにログインする必要があります。

Talend Studioが開く際にローカルのtalend-custom-libs-releaseリポジトリーで不足している外部ライブラリーが検出されます。Talendによってホスティングされるリモートアーティファクトリポジトリーからライブラリーをダウンロードし、インストールするように求められます。

Talend Administration Center (TAC)Talend Studioとローカルリポジトリに接続され、インストール対象のライブラリは自動的に共有されます。

Talend Artifact Repositoryのインストールおよび設定方法の詳細は、Talend Artifact Repositoryのインストールと設定を参照して下さい。

外部ライブラリーのインストール方法の詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。