Talend JobServerのユーザー偽装の設定 - 7.1

Talend Data Services Platform インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

Talend Administration Center Webアプリケーションを使用すると、[Run As] (別のユーザーとして実行)オプションを使用して異なるUNIXシステムユーザーとしてタスクを実行できます。サーバー上でタスクを開始する際のエラーを回避するには、まず次のことを行う必要があります。

  • いくつかのサーバーディレクトリーに特定の権限を与える。

  • umaskを設定することによってTalend JobServerで作成されたディレクトリーとファイルに必要な権限を与える。

  • サーバーからタスクを実行できるオペレーティングシステムユーザーを定義する。

    ヒント: デフォルトでは小文字のaからzで始める必要があり、その後に小文字(aからz)および数字(0から9)の組み合わせが続きます。これらの文字と数字以外の文字列を使用できるようにするには、ファイル{Job_Server_Installation_Folder}\agent\conf\TalendJobServer.properties内のorg.talend.remote.jobserver.server.TalendJobServer.RUN_AS_USER_VALIDATION_REGEXPパラメーターの値にある正規表現^[a-z][-a-z0-9]*\$を変更する必要があります。たとえば、次のような場合があります:
    • firstname.lastnameなどのドットを含むユーザー名のパターンを定義するには、正規表現を^[a-z][-a-z0-9]*.[a-z][-a-z0-9]*\$に変更します。
    • ユーザー名で複数のアンダースコア(_)を使用できるようにするには、 正規表現を^[a-z][-a-z_0-9]*\$に変更します。

この機能の詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。