Talend Administration CenterでのTalend Activity Monitoring Console設定 - 7.1

Talend Data Services Platform インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Talend Administration Center Webアプリケーションで、Talend Activity Monitoring Consoleへのリンクをセットアップする必要があります。

手順

  1. Talend Administration Center[Configuration] (システム設定)ページの[Monitoring] (モニタリング)グループに移動します。
  2. たとえば、接続データをTalend Administration Centerから取得する場合はAMC urlフィールドにTalend Activity Monitoring ConsoleアプリケーションのURLアドレス、http://localhost:8080/amc/rap?startup=amc&dbservlet=http://localhost:8080/org.talend.administrator/metaServlet%3FactionName=listConnectionと入力し、接続データをTalend Administration Centerから取得しない場合はhttp://localhost:8080/amc/rap?startup=amcと入力します。

    http://localhost:8080/amc/rap?startup=amc&dbservlet=http://localhost:8080/org.talend.administrator/metaServlet%3FactionName=listConnectionhttp://localhost:8080/amc/rap?startup=amcは単なる例です。設定に応じて、localhostをWebサーバーのIPアドレスに、8080Talend Activity Monitoring Consoleの実際のポートにそれぞれ置き換えて下さい。

    統計とログ情報を保管する3つのデータベーステーブルも設定する必要があります。

    このアプリケーションの詳細は、『Talend Activity Monitoring Consoleユーザーガイド』を参照して下さい。