チートシート:Talend サーバーモジュールのコマンドの開始と停止 - 7.1

Talend Data Services Platform インストールガイドLinux版

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

次の表は、Talendサーバーモジュールの起動と停止に使用可能なコマンドまたは実行可能ファイルを示しています。

Talendサーバーモジュール 開始コマンド/実行可能ファイル 停止コマンド/実行可能ファイル

Apache Tomcat service for Talend Administration Center (TAC)

sh <TomcatPath>/bin/startup.sh

sh <TomcatPath>/bin/shutdown.sh

JBoss service for Talend Administration Center (TAC)

sh <JBossPath>/bin/run.sh

sh <JBossPath>/bin/shutdown.sh

Apache Tomcat service for Talend DQ Portal

Talend DQ PortalTalend 7.1以降、非推奨となっています。Data Qualityデータマートを自身のレポートツールに接続することはできません。

sh <TomcatPath>/bin/startup.sh

sh <TomcatPath>/bin/shutdown.sh

Talend Runtime

<TalendRuntimePath>/bin/trun

Ctrl+C

Talend Artifact Repository

デフォルトで<ArtifactRepositoryPath>/bin/nexus run、または

Nexus 2の場合はnexus.sh console

Ctrl+C

Talend JobServer

<JobServerPath>/start_rs.sh

<JobServerPath>/stop_rs.sh

Talend Log Server

sh <LogServerPath>/start_logserver.sh

sh <LogServerPath>/stop_logserver.sh

Talend CommandLine

サーバーとしてのTalend CommandLineTalend 7.1以降、非推奨となります。

sh <CommandLinePath>/start_cmdline.shまたはsh <CommandLinePath>\commandline-linux_x86_64.sh 1

sh <CommandLinePath>/start_cmdline.shまたはCtrl+C 1

Talend ESB

tesb:start-all

tesb:stop-all

イベントロギング

tesb:start-el-default

tesb:stop-el-default

Talend Runtime Container

<TalendESBPath>/container/bin/trun

Ctrl+C

Apache ActiveMQ

Talend Runtime Containerの場合:

feature:install activemq

Ctrl+C

Service Locator

tesb:start-locator

tesb:stop-locator

Service Activity Monitoring

tesb:start-sam

tesb:stop-sam

Security Token Service

tesb:start-sts

tesb:stop-sts

1: 使用するコマンド/実行可能ファイルは、手動インストールと自動インストールのどちらを使用してTalend製品をインストールしたかによって異なります。