コネクターやプロセッサーの開発 - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer
Talend Component Kitでは、プロセッサーのほか、ソースコネクターとデスティネーションコネクターも作成できます。
  • ソースコネクターは、パイプラインの最初に使用される入力コンポーネントです。後でパイプラインで処理されるデータを取得するという目的があります。

    ソースコネクターの構造については、Talend Component Kitのドキュメンテーションをお読みください。

    ソースコネクターの作成方法については、このチュートリアルをご利用ください。

  • プロセッサーとデスティネーションコネクターは、パイプラインでデータを読み取り、処理し、変換して、目的のデスティネーションに渡すために使われる出力コンポーネントです。

    デスティネーションコネクターとプロセッサーの構造については、Talend Component Kitのドキュメンテーションをお読みください。

    デスティネーションコネクターの作成方法については、このチュートリアルをご利用ください。