Talend Cloud Pipeline Designerでのカスタムのコネクターやプロセッサーの試行 - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

自分のコネクターやプロセッサーを開発し、新しいDockerイメージが作成されたら、Talend Cloud Pipeline Designerアプリで試行できます。

始める前に

新しいDockerイメージが含まれているエンジンが起動し、利用可能であることを確認してください。

手順

  1. 自分のカスタムソースやデスティネーションコネクターをテストする方法
    1. Talend Cloud Pipeline Designerで、[CONNECTIONS] (接続)ページに移動します。
    2. [ADD CONNECTION] (接続の追加)をクリックし、接続プロパティのパラメーターに入力して、自分のデータにアクセスします。更新済みのRemote Engine Gen2が選択されていることを確認します。

      例え

      OpenWeather APIをベースに新しいソースコネクターを開発してエンジンを起動すると、このソースコネクターが[Connection type] (接続タイプ)リストに表示されます。
    3. 自分の接続を検証し、データセットを追加します。

      例え

      OpenWeather接続が設定された後は、データセットプロパティを設定できます。ここでは、フランスのパリの気象データが取得されます。
    4. 自分のデータセットを検証します。
      これで、パイプラインで新しいデータセットをソースコネクターとして使用できるようになります。
  2. カスタムコネクターをテストする方法
    1. Talend Cloud Pipeline Designerで既存のパイプラインを開きます。
    2. ボタンの横にある[Select a run profile] (実行プロファイルの選択)リストで、更新済みのRemote Engine Gen2に関連付けられている実行プロファイルが選択されていることを確認します。
    3. プロセッサーの追加先となるをクリックします。他のプロセッサーと共に、新しいプロセッサーが[Add a processor] (プロセッサーの追加)ウィンドウに表示されます。

      例え

      データのケースを変更できる新しいプロセッサーがリストに追加され、表示されます。
    4. 自分のプロセッサーを選択し、自分のパイプラインに追加します。
      これで、新しいプロセッサーを設定してパイプラインで直接使用できるようになります。