環境の設定 - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

必須ではありませんが、自分のコネクターやプロセッサーを作成する前にTalend Component Kit IntelliJプラグインをインストールすることをお勧めします。

このプラグインによって、プロジェクトの作成、およびコネクターやプロセッサーの設定が簡単になります。

始める前に

手順

  1. IntelliJをダウンロードしてインストールします。
  2. IntelliJ IDEAで、[File] (ファイル) > [Settings] (設定)に移動します。
  3. 左パネルで[Plugin] (プラグイン)を選択します。
  4. Marketplaceタブをクリックします。
  5. 検索フィールドにTalendと入力し、[Talend Component Kit] (Talendコンポーネントキット)を選択します。
  6. [Install] (インストール)をクリックします。
  7. [Restart IDEA (IDEAの再起動) をクリックしてインストールを完了します。
    これでInteliJ IDEAにプラグインがインストールされ、使い始める準備ができます。
  8. [File] (ファイル) > [New] (新規) > [Project] (プロジェクト)に移動します。
  9. [New Project] (新規プロジェクト)ウィザードで、[Talend Component] (Talendコンポーネント)を選択して[Next] (次へ)をクリックします。
    Talendスターターキットツールがロードされます。このツールで自分のプロジェクト構造を設定できます。
  10. プロジェクトの設定が終わったら、[Next] (次へ)[Finish] (終了)の順にクリックします。

タスクの結果

選択したビルドツールによって、プロジェクトが自動的にIDEAへインポートされます。