Remote Engine Gen2のインストールについて - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer
このガイドには、Remote Engine Gen2のインストールと設定に関する情報を記載しています。
  • Remote Engine Gen2: Remote Engine Gen2はパイプラインを安全に実行できるセキュアな実行エンジンです。独自の環境(仮想プライベートクラウドまたはオンプレミス)でエンジンを作成して設定し、実行環境とリソースを制御できます。

    Remote Engine Gen2では以下のことが確認されています:

    • Talendのような安全でセキュアな環境でのデータ処理では、パイプラインのデータやリソースにアクセスすることはできません。

    • 大量データを移動して計算する代わりに、データの局所性を高めることで最適なパフォーマンスを実現できます。

注: SparkとHadoopをTalend Cloud Pipeline Designerで使用するには、ビッグデータのTalend Cloudサブスクリプションが必要です。

対象読者

DevOpsおよび管理者

プラットフォーム

Unixオペレーティングシステム、Windowsオペレーティングシステム