CentOSディストリビューションで実行スクリプトが失敗する - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

最小構成でインストールしたCentOSディストリビューションを使っている場合、実行スクリプトの起動に失敗することがあります。

現象1: ホストが見つからない

CentOSの最小バージョンでは、DNS関連のコマンド(hostdignslookupなど)の一部が不足している場合があります。実行スクリプトではOSにhostコマンドが必要ですが、このコマンドが存在しない場合はスクリプトが失敗し、次のエラーが表示されます:
[centos@ip-XXX-XX-X-XX remote-engine]$ ./remote-engine.sh start -r eu -k <YourKey> Checking docker status Docker is up and running now! ############################################################################################################ To run the Remote Engine Gen2 on your machine, your Docker environment needs at least 8GB of memory ############################################################################################################ Starting the Remote Engine Gen2 ./remote-engine.sh: ligne229: host : command not found Dns name 'pair.us/eu/ap.cloud.talend.com' is invalid Unable to start the Remote Engine Gen2 

以上のコマンドはbind-utilsというパッケージの一部であり、このパッケージはOSにデフォルトでインストールされていない場合があります。

現象2: リージョンが見つからない

実行スクリプトはお使いのTalend Cloudアカウントに対応するリージョンの値も探す必要もありますが、これが見つからないとエラーが発生します。使用可能なリージョンは、Remote Engine Gen2のインストールディレクトリーにあるregions.txtファイルにリスト表示されています。

両方の現象のソリューション: bind-utilsをインストールする

手順

  1. 次のコマンドを実行してbind-utilsパッケージをインストールします。
    sudo yum install bind-utils 
  2. 実行スクリプトをもう一度起動します。

現象2の代替ソリューション2: regions.txtにリージョンを追加する

手順

  1. Remote Engine Gen2のインストールディレクトリーに移動します。
  2. お住まいのリージョンがリストにあるかどうか確認し、ない場合はファイルに追加します。
  3. 変更を保存します。
  4. 実行スクリプトをもう一度起動します。